髙瀬事務所の紹介

髙瀬事務所の歴史と現状

高瀬事務所は、福岡県と大分県の県境にある豊前市・中津市を中心として、司法書士・行政書士の二つの資格を総合的に活用した法的サービスを提供させて頂いております。最近、ご相談案件が増加している「相続」「事業承継」に対しては、関連士業とも連携し、具体的な対策のご提案をさせて頂いております。

 

昭和11年(故)高瀬五十男 が事務所を開いてから、今日までにご依頼頂いた登記手続きは5万件以上にのぼります。そして、対応してきた様々な案件の知識と経験は事務所内に蓄積され、他の同業事務所には無い、高瀬事務所の大きな強みとなっています。

 

司法書士登録して40年を超えた所長、髙瀬一彦をはじめとするベテランスタッフが、地域の歴史や背景を踏まえた応対をしております。不動産に関する売買や贈与といった名義変更の手続きから、農地の転用や境界紛争に関するお悩みやについてご相談下さい。

 

さらに、事務所スタッフの若返りにも努め、様々な業務に対応できるよう事務所運営の効率化と先進的な業務にも取り組んでいます。会社・法人の起業サポートや業務拡大に伴う許認可の申請、さらに、今後の高齢化社会で増加することが予想させれる相続や遺言書の作成、成年後見制度に関するご相談にも対応しております。

新着情報

2018年09月04日【司法書士兼住宅専門FPの家づくり講座】
2018年08月31日【家庭の法律基礎講座 |終活ってなんだろう】
2018年08月30日【終活セミナー開催報告 in築上郡身体障害者福祉連合会さま】
2018年08月21日【2018年8月9日】遺言書の書き方セミナー
2018年07月12日【2018年7月20日】終活セミナーの結果