【2018年8月9日】遺言書の書き方セミナー

インフォメーション

セミナー情報

タイトル 「遺言書の書き方セミナー」
エリア 豊前市及びその周辺市町村
住所 豊前市総合福祉センター 2階会議室
日時
参加者数 12名
主催者 社会福祉法人 豊前市社会福祉協議会様
講師 高瀬忠通(司法書士)

セミナーの様子

今回は、豊前市社会福祉協議会様が家族介護を考える集いとして主催する
「介護者サロン」にお招きを頂きました。

前々回「終活とは」、前回「エンディングノートの書き方」に引き続き、
最終テーマとして「遺言書の書き方」について、司法書士の高瀬から約1時間ほどの講演をさせて頂きました。

「終活」の取り組みにおいて、参加者の皆様に共通して必ずご案内しているのが「遺言書」の作成。
その具体的な作成方法から作成時の注意点や、遺言書に必ず記載して頂きたい文言などをお話しさせて頂きました。

参加者の方からは、ご自身の事であったり、ご両親であったり、独り身の親族の事であったり、
と、様々なお立場から熱心にお話を聞いて頂きました。

セミナー終了後には、参加者の方から具体的な終活に関する相談もあり、
どこに相談すれば良いか、一人で悩んでおられる方の多さも改めて感じさせて頂きました。

「相続」が「争族」とならない事を願って、今後も「終活」を呼びかけて行きたいと思います。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

  

たくさんのアンケートを頂きました!


【受講者の感想】
20年くらい前に夫の成年後見人の手続きを行いましたが、
行橋まで往復しなければならず難しことばかりで苦労をしました。
今回の様な勉強により、相談窓口があることをしりました。
早く知っていたらと思っています。今後は大いに相談したいと思います。


  


【受講者の感想】
子供のいない叔母さんのことを相談して、
任意後見契約のことなどお聞きして大変参考になりました。
入院中の叔母さんと一度よく話し合い、
認知症などで判断能力が衰えて財産管理や生活の契約について
相談に行こうと思いました。
ありがとうございました。


  


今まで無関心だったが、夫が入院してこのような話をすることが不可能なので、考えをまとめたいと思ってます。


  


  


  


  


遺言書を書いてみようと思いました。
いつも思うだけで終わってしまうのですが・・・
涼しくなったらエンディングノートに挑戦してみます


新着情報